徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

オイル交換と各部の点検

明日からいよいよ四月になる。
新車購入から約5ヶ月で現在の走行距離は4622キロ。
このところ休日に雨の予報が多かったせいで、月平均の走行距離が1000キロを割れている。
前回のオイル交換から2200キロ走行し、エンジン音も多少うるさく感じられたので予定の2500キロより少し早めに交換することにし、ついでにバッテリーの液面とチェーンやドライブスプロケットも点検した。


燃料コックをオフの位置にしてエンジン始動し、エンストするまで5分ほど放置したあと、給油口を開けてからドレンを開放する。
暖気不足なのか気温が低いせいか細々としか出てこない。

ある程度排出したらセンタースタンドの片側に板切れを敷いて傾けたまま1時間ほど放置する。
サイドスタンドを利用するよりこの方が多く抜けることを確認済み。
この状態で全くしずくが垂れなくなったらドレンボルトを締める。
ドレンパッキンは馬鹿力で締めあげないかぎり、かなりの回数使用可能だ。

廃油を入れた容器と全く同じサイズの容器を用意し、
これに排出量より少し多めに新油を入れオイルジョッキに移し変えてから給油。
今回の排出量は約900CC。規定量よりやや少なめである。

新油と比べると一目瞭然。ちゃんと仕事をしているようだ。

「統一バッテリー」の液量をチェック。
シャッター付きの車庫で保管しているせいか5ヶ月経過後もバッテリー液の減りは全く確認出来なかった。
相変わらずセルも力強い。


バッテリーターミナルはマイナス側から外しプラス側から取り付ける。

カバーを外してドライブスプロケットと周辺をチェック。チェーンオイルに絡んで付着している砂や泥をパーツクリーナーで除去してスプロケットの状態を確認。ついでにチェーン調整を行う。
※画像クリックでオリジナルサイズを表示

カバー裏にもチェーングリスに絡んだ砂がこびりついている。15分ほど灯油に浸したあと歯ブラシで磨けば簡単に落ちた。

アクセスカウンター