徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

チェーン清掃その他

前回の続きである。

ジョイントのクリップを外し、チェーンを取り外して鍋に入れ、ぎりぎり浸かる程度に灯油を入れてしばし放置する。
昨今はガソリンと同じく灯油も高価いので使用量は必要最小限にとどめたい。
洗い上がったチェーンを確認したら見慣れたDIDではなくKMC製だった。
なお、チェーンケースも外した方が色々と掃除しやすい。

点検のため取り外したドライブスプロケット
ギアをローに入れて4ミリのレンチでボルト2本を緩め
スプロケットホルダーを取り外して手前に引けば簡単に抜ける。
ついでにこれもチェーンが浸かっている鍋に放り込む。

歯ブラシを使ってきれいにしたら一応採寸しておく。
スプロケットの直径60ミリ、セットボルト穴のセンター間30ミリ、スプロケットの厚さは12ミリだった。14 3D9の刻印

周辺をパーツクリーナーで掃除したあと、スプロケットを取り付ける。
スプロケットに偏摩耗は見られないが、元通りに組み付けてもつまらないので表裏逆に装着し、ついでにチェーンも内外逆に装着。
効果のほどはともかく、気分的にはチェーンとスプロケット裏表の摩耗の均一化を期待したい。
センタースタンドを立てたままエンジンを始動しギアを入れて様子をみたら、チェーンの緩みと引っかかりによるギクシャク感を感じたので再び張りを調整し、回転させたままチェーンオイルを注油。
5分ほど回すと当たりがついたのかスムーズに回りはじめた。

いつもは掃除しにくいスイングアーム周辺にも防錆を期待してワックスをかけてみた。

チェーンを張る前にリアスプロケットも清掃

ギアを入れてしばらく回したら音も静かになった。
※画像クリックでオリジナルサイズを表示

アクセスカウンター