徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

岡山県周遊その2 (国玉神社〜北房町 定東塚、西塚古墳)


大きな地図で見る

国玉神社と鳥居

旦土において忘れることができない人物である。

石井宗謙誕生の地石碑前にて

石碑を背に向かいの川辺を撮影。のどかな風景だ。

昼食休憩のため立ち寄った落合町のショッピングモールSunPlazaにて。
平日の昼下がりのせいか買物客はまばらで駐輪場もガラ空き。

国道313号線沿いにある北房町の定古墳群入口にて。
画面左の大谷1号墳入口では、岡山県警がパトカー1台と追跡用の白バイ数台でネズミ捕りの真っ最中。

左右に2つぽっかりと開いた横穴。
石室には何もないが狭い入口から内部に入ることが出来る。

向かって右側の横穴から入ってみる。

入口足元にある注意書き。もとよりよじ登る気はない。

内部はひんやりと涼しい。

石室の最奥部から入口を撮影

こちらは向かって左側の横穴。入口はかなり狭い。

落ち葉で半分塞がれた狭い入口から中に滑り込む。

内部の構造は最初に入った右側の石室とほぼ同じ

古墳がある土塁の上は竹やぶになっている。

画面左手奥が古墳のある土塁。
すぐ傍らには真新しい墓地が。古代遺跡が生活に溶けこんでいる。

案内文によれば「石室はいずれも古くから開口していたが、東塚の石室からは4基の陶棺と純金のリング2点、鉄刀や鉄鉾などの武器、金銅で飾った馬具、鉄製の鋤先他、西塚からは6基の陶棺と刀の装具、馬具等が出土」したらしい。

表に説明書きと付近の地図が張り付けられた石碑

勤務に勤しむ岡山県警のネズミ捕り担当者達。
地元周辺住民には周知されているのか、繁盛しているようには見えない。

そろそろ出発することにする。

アクセスカウンター