徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

パッドの残量確認


現在の走行距離は12295km。
前回の交換(9763km)から2500km余り走行したので、エンジンオイルを交換する。
今回からYAMALUBE Sportsに代えてGulf BLAZEを給油。
粘度は同じく10W-40である。

ブレーキパッドの残量確認のためライニングのスリットを視認しようと覗き込むがよく見えない

この際確認ついでにキャリパー付近を掃除することにして前輪とフロントフェンダー、メーターワイヤー、ブレーキキャリパーを取り外す。

MOTOCO(モトコ) エンジンガードを正面から見る

取り外したブレーキパッドをビニールブラシに脱脂洗剤をつけて洗浄の後、厚さをノギスで計測する。

新品の純正パッドはバックプレートとライニング部含めた全体の厚みが8.0mm、ライニング部分が5mm、スリットの深さが3mmである。

12000km余り走行したパッドの厚さはそれぞれ
内側(ホイール側)7.0mm、外側が7.4mmだった。
スリットの残り溝が2mm、ライニング部分の残りが4mm+αということになり、計算上はあと20000km程度使用出来ることになる。
ごく一般的な運用状態であれば、YBR125K純正パッドの寿命は30000km前後というところか。

AK V2528 FFと刻印されているそれぞれ左側が11年式YBR125Kの初期部品。
タオバオ及びヤフオクでYBR125K用として流通しているものは右側の型番AK V2518が大半だが完全に同一品である。

アクセスカウンター