徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

サザエヶ岳公園

今月1日、愛媛県八幡浜市国道197号線から県道25号線を西予市三瓶町方面に走り、県道26号線から和泉集落方面に上る脇道を左折。集落の中央付近に位置するサザエヶ岳に行ってきた。

公園として綺麗に整備されている。
近年整備されるまでは県道脇の入口に「サザエヶ岳」と書かれた黒ずんだ木の看板があるだけの地域住民以外は知る人ぞ知る場所だった。

正午をかなり過ぎたのでやや高級なレトルトカップ麺の昼食後、温かいコーヒーで休憩

立木を模したデザインの建物はトイレ。
この左奥に山頂へ続く道が延びている。

2分ほど登ると山頂に到着。

見下ろすとインカのマチュピチュを思わせる景色

特異な景観の山肌。チャートという岩石により形成されている

山頂の顕彰碑前にもサザエの貝殻が数個供えられていた。
山頂からは周囲360度のパノラマを楽しめる。

地元の伝承によれば、昔この地方に大地震と大津波があって、海水がこの山岳までを飲み込んで壊滅的な被害を与えたのちに引いたが、その山の岩場にサザエが付着していたため、村人はこの山をサザエヶ岳と呼ぶようになったらしい。
常識的に考えれば、太古に海底だった地層が隆起して出来た山の岩肌に貝類の化石が付着していたということではないかと思う。

アクセスカウンター