徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

室戸岬と国道193号線その5

遠足の高校生で賑わう御厨人窟(みくろど)に到着

弘法大師修行の地」の石碑

2つの洞窟が海に向かって口を開いている。
まず左の御厨人窟に入ってみる

奥行き15mほどの洞窟の突き当りに五社神社があり、大国主命が祀られている。

奉 室戸商工観光振興会

社の裏手になる洞窟最深部をフラッシュ撮影
霊感は皆無、信心も希薄なので空海師の息吹が聞こえるわけも無し

参道途中より太平洋を望む

御厨人窟の右手にある神明窟
大日孁貴(天照大神)が祀られている

駐車スペースの右端にある句碑

潮けむりあがりし磯の遍路道 十雨(じゅううと読む)
※川田十雨(1895〜1961)は地元の俳人

国道を渡ると海に向かう遊歩道がある

右手に見えるのはエボシ岩

室戸青年大師像前の駐車場にて
昭和59年11月、信者や一般の人々の寄進によって建立された

室戸市佐喜浜町の国道沿いにある夫婦岩
道路からも岩に結ばれた注連縄が見える

高台なので海岸線がよく見える

風もなくおだやかな天気なのだが波が岩礁に砕けて白く泡立っている。

正面の岩に大型の鳥が3羽留まっているのが見える

県境まであと27km

国道193号に分岐する徳島県海陽町目指して出発

アクセスカウンター