徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

取り付けボルトのゆるみ

降りしきる雨の中、一日中山道を走り回ってさきほど帰宅した。我ながら物好きという他ない。

ガレージのシャッターを開けてバイクを入れ、定位置に移動するためギアをニュートラルに入れてバックさせようとしたがまるでギアが入っているように動かない。
不審に思い、ふとドリブンスプロケット付近を見ると4本ある取付ボルトのうち1本が完全に緩んで抜け落ちる寸前で、スイングアームのエンド付近に干渉してホイールの回転を阻害していた。

ドリブンスプロケットはまだ一度も交換していないので、新車組み付け時のボルトの締め付けと回り止めワッシャーのセッティングがいい加減だったせいというしかない。走行中にボルトが抜け落ちなかったのは幸いだが、車体に取り付けたままではボルトで裏側のナットを捉えられない。やむなくリアホイールを取り外し、すべてのボルトの緩み止めを解除して締め直すことにした。

案の定、去年緩みに気づいて締め直した1本を除いた残り2本は、平たがねで叩いて緩み止めワッシャーを解除するとボルトの頭が手で1回転以上回った。

こちらが内側。リアホイールダンパーに嵌合する突起の間に金色の四角いナットが見える。

ハブクラッチを取り外したついでにドリブンスプロケットを交換することも考えたが、チェーンを短めのサイクルで交換しているせいでほとんど摩耗が見られない。
したがって今しばらくはこのままで運用する。
タイヤについては前回交換してから約14,000km走行しスリップサインが出る寸前まで使っているので近々交換予定。
疲れたので今夜はこのまま放置し酒を飲んで寝る。

アクセスカウンター