徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

「自販機のお店」にて

午後4時少し前、益田市大谷町の国道191号沿いにあるプレハブ建ての「自販機のお店」に到着。
山陰(やまかげ)に位置しているせいで少し薄暗い

見慣れた富士電機製麺類自販機が稼働中。
ここ島根県では数多くの麺類自販機が当たり前のように稼働中だが、四国4県で稼働を確認できたのはたった2台のみ

メニューはラーメン¥350、肉うどん¥300。
肉うどんは1時間ほど前「ごとう商店」で食べたばかりだがやはり肉うどんを選択、¥300を投入して規定時間を待つ

出てきたうどんをテーブル席に運ぶ。
供給元が同じなのか、カマボコの色が違う以外はさきほど食べた「ごとう商店」の肉うどんとほぼ同じ味ですだちも入っている。
こちらの方が¥50安いのはやや辺鄙な場所にあるせいか

例により速やかに完食。
味、価格共に満足感は高く、店は適当に空いているのでくつろげる。
手前のドア奥の小部屋で店主の女性が待機しているのでコイン詰まり等、困ったときはノックすればよい

20分ほど滞在し、さて出かけようと店を出た頃、クルマで親子連れがやってきた。外の自販機でペットボトルのお茶を買ったあと店に入り、母子でそれぞれうどんを買って食べていた

これにて今回のスケジュールは完了。
191号線を安芸太田町まで走り、廿日市経由で岩国のホテルに帰る

名勝「三段峡」入口の看板前で記念撮影。
明日は朝ホテルを出発後、安芸灘とびしま海道今治経由で自宅に直帰する

アクセスカウンター