徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

走り初め

家とガレージに面する道路は、左右どちらに進行しても多少の迂回に目をつぶれば結局どこにでも行けるのだが、何の考えもなく右方向に走り出した場合、60%以上の確率で今治市しまなみ海道方面に向かっていることが多い。
ちなみに、左方向に走り出した時は徳島県三好市方面や高知県の北部方面に向かうことが多いようだ。

金属の冷え切った感触を親指に感じながらチョークレバーを引き下げてエンジンを始動。
ガレージのシャッターを下ろして、一週間ぶりのYBRにまたがり右手の方向に走り出す。

心理的曲折を経たものの、午後2時を少し回った頃しまなみ海道原付き道入口からしばらく奥に進んだ場所にある定点観察地点に到着。

コンビニで買ったホットコーヒーのボトルで両手指を温めながら向かいの来島を眺めてしばし休憩。

自宅を出発してからの外気温はおおむね10℃前後だったが、相変わらず寒さを感じる。痩せるまでは気温10℃もあれば指先の痺れを感じることはなかった。

2013年からこの場所に鎮座し、風化しつつ残骸をさらしていた42型ブラウン管TVの姿が遂に消えた。海風に吹かれて海中に没したのだろう

吹き荒れた強風に飛ばされたのか、散乱するゴミがいつもより少ないように見える。

観察開始から8年目になる看板もずいぶん汚れてきた

この場所は県道161号線の起点とされている

側溝を通って砂浜に出ると、より間近に来島が見える

観察地点を海岸から眺める

砂浜はゴミひとつなく美しい

陽射しが弱くなってきたのでそろそろ帰ることにする

株式会社しまなみ
体験型観光・来島(村上水軍の居城)

アクセスカウンター