徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

野村町〜鬼北町その2

鬼北町の日吉中学校付近から県道285号線に入り節安ふれあいの森方面に進行。

大きな地図で見る

この先が行き止まりのためか県道285号線を対向車とすれ違うこともなくしばらく走ると、右手に旧日吉村立富母里(とんもり)小学校がある。

正門の校名看板はすでに取り外されている

人気のない校庭から校舎を眺める

校庭側のガラス窓越しに教室内部を撮影
体重計があるところをみると保健室だろう

理科準備室、理科室、家庭科室の銘板が読める

保健室の左側にあるアルミの開き戸は施錠されていなかった。ちょっとだけ校舎の中に入ってみる。
板張りの廊下から保健室の銘板を確認

廊下に直置きされた黒色のハードケースはアコーディオン

廊下側から保健室を撮影
畳が床に敷かれているところをみるとベッドは最初からなかったのかもしれない

保健室にあったビクター製の手回し式チャンネルブラウン管テレビ

保健室の隣は音楽室
入口にただひとつ残された石膏彫刻

音楽室の黒板

黒板の右側

黒板の左にはリアルタイムで見た覚えがある音楽口形図。
調べてみると製造元の新日本教文株式会社は現存している

数台残されていたYAMAHA製足踏み式オルガン

廊下をさらに進むと図書・視聴覚教室がある

大型図書だけが残された本棚
教室内に長居するのは気が引けるのでこの辺で校庭に出る

保健室前にある手洗い場

頭上を見上げると5時32分で止まった時計が

校庭の傍らにある校歌が刻まれた石碑

富母里小・中学校跡地

小学校 昭和二十九年四月〜平成十四年三月
中学校 昭和二十九年四月〜昭和四十六年三月

日吉村

左手は飼育小屋「なかよしランド」

木造校舎に併設された室内運動場
平成3年2月と記された定礎板を確認できた。
落成して11年で小学校が廃校になったことになる。

愛媛県北宇和郡鬼北町大字父野川上93 富母里施設

アクセスカウンター