徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

伽藍山付近


大きな地図で見る

愛媛県の西端にある佐田岬灯台を目指して出発したが、三崎港を過ぎてしばらく走った辺りで灯台に続く道が通行時間10分、待ち時間1時間50分の時間制通行止めになっていた。
ここまでは運良く濡れずにたどり着いたが、夕方からの雨は避けられそうにない空模様だったので、帰路濡れる時間を極力短くするため今回は灯台見物を断念して引き返すことにした。

帰りの道すがら、案内看板に導かれて何となく立ち寄った伽藍山展望台。入り口にはロープが張られ、もはや廃墟の様相である

入り口には「立入禁止 展望台は老朽化の為、使用できません」の注意看板がある。
あくまで自己責任でロープをまたいで展望台の方向に雑草をかき分け分けながら歩いていく。
途中にあった看板を覆っていた雑草をなぎ倒して内容を確認。

見上げると骨組みが何かのオブジェのように見える

展望台に上るための鉄板階段前にある文字が消えかけた看板
「ここが佐田岬半島で一番高い場所です」云々というようなことが書かれている

展望台に到着。潮風と風雨にさらされたせいで手すりが錆び、錆びた箇所を面白半分にいたずらした形跡が見受けられる

元々は屋根があったような感じのH鋼による構造物

雨の気配が益々濃くなってきた

天気が良ければなかなかの眺望が期待出来そうだが、梅雨空の下で多くは望めない

そろそろ切り上げることにする

山上にしては広大な駐車スペースはかなり前から維持管理を放棄されている

駐車場の片隅に設置された看板の前で
佐田岬半島宇和海県立自然公園 伽藍山」

アクセスカウンター