徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

首切峠

峠脇の旧道より香川県道17号府中造田線首切峠を望む

造田城主備中守宗俊埋葬の地

一、造田城は、この城山の頂上にありました。

ニ、この峠を首切峠といい、道路の上に、首切地蔵が安置されています。

三、戦に敗れて、処刑された所でしょうか。

【石碑裏の碑文より】

通解      勝山

一、土佐の長宗我部元親の壱萬弐千の大軍が、旗を押し立てて急に攻めてきました。
ニ、造田城では、羽床城へ出兵して、城には僅かの番兵しかおらず、敵の放った火矢によって、城は燃えかけました。戦国の世のならいとして、天守閣に火がつけば、負けという掟がありました。
三、時は天正七年(一五七九)桜花の時であります。
四、造田備中守は、もはや之までと、城中に火を放って自害しました。
五、家来が主の亡骸を背負い、西分の角内に埋葬したと、系図に書いてあります。

平成十三年七月吉日

当主 第二十一代 造田忠 建之
今度道路の幅員拡張に伴い、移転地の造成は、坂出土木事務所の御好意によるものであります。

アクセスカウンター