徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

バイクのハンドル振れについて


大きな地図で見る

再度の試運転のため、近場の峠を走ってみた

純正指定のサスペンションオイル・YAMAHA G-10が最寄りの店頭になかったので今回はSUZUKIのG10を使っている。
身体が憶えている新車時の感触よりほんの少し硬めの乗り心地だが、この程度なら誤差と言ってもいいだろう。
時速60km〜80kmで手放し走行時の直進安定性も完璧に復活していて喜ばしい。

転倒によるインナーチューブ曲がり等を除外してもハンドルがブレる原因は色々と考えられるが、サスペンションオイルがどちらか片方だけ漏れている場合とタイヤの偏摩耗が原因のブレを過去に経験している。

以前フロントサスペンションに全く異常がないのに、ある時点から急にハンドル振れが発生したことがあった。思いつく限りの対策を施してみても改善することがなかったので、最後の手段としてフロントタイヤを交換してみたところ一発で治ったことがある。

先行するクルマの左後方に位置して、隙あらば前車の左側からのスリ抜けを狙うような運転を続けていると、道路の傾斜角の関係でトレッド面の右側だけが徐々に摩耗し、ある日突然バランスが崩れることもある。

あくまでも原付二種の常用速度域での話だが、いま装着しているフロントタイヤのトレッドが直線的なデザインなら、回転方向指定の逆向きに装着してもたいした問題は発生しない。
今のタイヤにまだたっぷり溝が残っていてタイヤの脱着が苦にならないなら、一度ホイールからタイヤを取り外して逆に入れてみるとかなり改善されることがある。
あまり溝が残っていないなら、思い切って新品に交換したほうが手っ取り早く幸せになれる可能性が高い。

再度のサスペンションオイルレベル調整のついでに、リアタイヤ交換他色々と整備したせいで、ほぼ完璧な状態に復活したYBRに満足し、入浴を兼ねて塩江温泉郷の最奥にある奥の湯温泉まで足をのばして日暮れ間際に帰宅した。

アクセスカウンター