徘徊する魂   Traveling Alone ! 

四国と周辺地方をYBR125Kが徘徊中

来島にて その3

島の東側に向かうため八千矛神社の辺りまで来た道を引き返す。

さっき見た「来島城跡」の消えかけた案内看板の斜め向かいに「来島観光休憩所」の白い建物がある

ここの地盤は海抜2.3m

男女それぞれのトイレも併設されている。画像は男性用

相変わらずの曇天で戸外での食事は寒いので、ありがたく施設を利用させて頂くことにして中に入る。

畳でいうと10畳ほどの部屋にAED(自動体外式除細動器)まで完備されている

【窓に貼られた注意書きより】

いつもきれいにご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
ただし、一部の方による悪質ないたずら等が確認されています。本施設は定期船を生活の足としている地域住民の方と観光に来られている方のための休憩所です。防犯上及び島民の安心安全確保の面から、定期船最終便出発後から始発便到着前まで扉の施錠を行います。ご理解とご協力をお願い申し上げます。

施設管理者

こんなところに来てまでいたずらするクズ人間がいることに腹を立てつつ、スープを作るためコンロで湯を沸かしていたら、漁師風の格好をした男性が昼食休憩のために入ってきた。

乗船前に波止浜スーパーで買ったおにぎりをかじりながら、来島住民と思われる彼と15分ほど話す。
来訪前にwikiで調べたところでは、2007年1月時点で17世帯、34人だった島の人口が現在は10人にまで減ったらしい。
夫婦のうち、どちらかが介護施設に入ったり病院に入院した場合は、残った方も島の暮らしを捨てて今治市内に移住するとのことだった。
ちなみに、島内には日用品や食料の買える店はまったくない。

アクセスカウンター